2010-11-18

Force.com : データを import/export したい - Force.com Excel Connector

 
データを import/export したい - Force.com Excel Connector



◆ 前提

  1. 必要なら Office Toolkit をダウンロードして、インストールしておく
  2. Force.com Excel Connector をダウンロードして、適当なところに展開しておく
  3. Force.com Excel Connector のアドオンの設定をしてみる
    1. Excel を起動する
    2. [ツール]→[アドオン]→[参照]ボタン押下
    3. 先に展開した sforce_connect_XXX.xla みたいなファイルを読み込む
    4. 読み込んだアドオンをチェックして[OK]ボタン押下



◆ ログイン・ログアウト・確認

■ ログイン
  1. [sforce Connector]→[(処理したい操作)]押下
  2. 入力項目を設定→[Login]押下
    • User Name : 接続先のユーザ名
    • Password : 接続先のユーザのパスワード(+セキュリティトークン)


■ ログアウト
  1. [sforce Connector]→[Logout Session]押下


■ 確認
  1. [sforce Connector]→[Logout Session]の下にログイン中のユーザ名が表示される



◆ データの取得

  1. [sforce Connector]→[Sforce Table Query Wizard]押下
  2. [Sforce Table Query Wizard - Step 1 of 3]
    1. データ表示開始位置を指定→[Next]ボタン押下
  3. [Sforce Table Query Wizard - Step 2 of 3]
    1. 取得するオブジェクトを選択→[Next]ボタン押下
    2. 取得するフィールドを選択→[Next]ボタン押下
  4. [Sforce Table Query Wizard - Step 3 of 3]
    1. 取得条件がある場合は、条件を設定して[Add to Query]ボタン押下で条件追加
    2. [Run Query]ボタン押下
日付は最後に「T09:00:00Z」を書かないとずれるぽい。



◆ データの追加

■ ex. 取引先(Account)
  1. Account のヘッダを取得する
    1. [sforce Connector]→[Sforce Table Query Wizard]押下
    2. [Step 1 of 3][$A$1]を指定→[Next]ボタン押下
    3. [Step 2 of 3][Account]を選択→[Next]ボタン押下
    4. [Step 2 of 3][取引先ID][取引先名]を選択→[Next]ボタン押下
    5. [Step 3 of 3][Cancel]ボタン押下
  2. 新規データを作成する
    AB
    1Account
    2取引先ID取引先名
    3New
    4New
    5New

    ※ A2 のコメント
    Primary Object Identifier
    API Name: Id
    Type: id
    
    ※ B2 のコメント
    Required on Insert
    API Name: Name
    Type: string
    
    説明
    • A1 : オブジェクトの API 参照名
    • A2:B2 : オブジェクトの項目名、他
    • A3:B5 : 新規データ
  3. 追加するデータ(上記の場合は[A3:A5]な感じ)を選択→[sforce Connector]→[Insert Selected Rows]押下
  4. 「Account に 3 件レコードを追加する?」なダイアログが表示されるので[OK]ボタン押下
  5. 結果が Excel に反映される
    • OK : [取引先ID]が追加したデータのIDに変更される
    • NG : [取引先ID]のセルの色が変わる。コメントでエラー内容が表示される
[所有者]の項目を指定しない場合にはログインしているユーザの ID が設定された。
項目のコメントに「Read Only Field」が書かれてあるものは勝手に値が設定された。
結果が NG のときにダイアログボックスでエラーメッセージが表示されるのもあった ... 気がする。



◆ データの更新

■ ex. 取引先(Account)
  1. Account のデータを取得する
  2. データを更新する
    ABC
    1Account
    2取引先ID取引先名取引先 電話
    3001A000000ScdgkIAB0120-000000
    4001A000000Scdg4IAB
    5001A000000ScdglIAB
  3. 更新するセル(上記の場合は[C3])を選択→[sforce Connector]→[Update Selected Cells]押下
  4. 「Account に 1 件 レコードを更新する?」なダイアログが表示されるので[OK]ボタン押下
  5. 結果が Excel に反映される
    • OK : (特になし?)
    • NG : 選択した箇所のセルの色が変わる。コメントでエラー内容が表示される



◆ データの更新

■ ex. 取引先(Account)
  1. Account のデータを取得する
  2. 削除するデータの行を選択→[sforce Connector]→[Delete Object]押下
  3. [取引先ID]が「Deleted」に変わる
削除後は、ごみ箱にいた。



◇ その他


しかし、結構古いなぁ。
Sandbox への接続の仕方がわからなかった。
(ので、最後は Force.com Data Loader 使ってた)



◇ 環境

  • Office Toolkit 3.0
  • Office Excel 2003
  • Force.com Excel Connector Version 6.16pe
  • Force.com Developer Edition / Force.com Enterprise Edition



◇ 参考

 

0 件のコメント:

コメントを投稿