2011-04-25

Force.com : 設定 - Force.com Connect Offline


設定 - Force.com Connect Offline
  • ライセンスの割り当て
  • クライアントに対しての Force.com Connect Offline のインストール
  • ブリーフケースの設定



◆ ライセンスの割り当て

  1. [管理者設定]→[ユーザの管理]→[ユーザ]
  2. ライセンスを割り当てるユーザの[編集]ボタンを押下
  3. [オフラインユーザ]のチェックボックスを ON にする
  4. [保存]ボタンを押下



◆ クライアントに対しての Force.com Connect Offline のインストール

  1. [個人設定]→[デスクトップ統合]→[Force.com Connect Offline]
  2. [今すぐインストール]ボタンを押下
  3. DL した .exe ファイルからインストールを行う



◆ ブリーフケースの設定

Ex.
  • ブリーフケースを設定するユーザのプロファイルを「OfflineUser」とする


  1. [管理者の設定]→[デスクトップ管理者]→[オフラインブリーフケース構成]
  2. [すべてのオフラインブリーフケース構成]から[新規オフラインブリーフケース構成]ボタンを押下
  3. オフラインブリーフケース構成の編集
    • 名前 : TEST-01
    • 有効 : ON 
    • 説明 : (任意)
    • ユーザとプロファイルの割り当て : プロファイル: OfflineUser
  4. [保存]ボタンを押下
  5. 作成した「TEST-01」の[データセット]から[編集]ボタンを押下
  6. データセットを定義
  7. [完了]ボタンを押下



◇ ブリーフケースの設定のメモ

  • ブリーフケースが割り当てられていないユーザにはデフォルトの Connect Offline ブリーフケースが割り当てられる
  • 1 つのユーザまたはプロファイルに設定できるブリーフケースは 1 つだけとなる
    Ex. 上記で設定したブリーフケースに加え下記を設定する
    1. [すべてのオフラインブリーフケース構成]から[新規オフラインブリーフケース構成]ボタンを押下
    2. オフラインブリーフケース構成の編集
      • 名前 : TEST-02
      • 有効 : ON 
      • 説明 : (任意)
      • ユーザとプロファイルの割り当て : プロファイル: OfflineUser
    3. [保存]ボタンを押下
    「TEST-01」から割り当てたプロファイル(「プロファイル: OfflineUser」)は削除される



◇ 環境

  • Salesforce - Developer Edition - API バージョン 21.0



◇ 参考

 

0 件のコメント:

コメントを投稿